紫外線は肌によくないことは広く知られていますが、どこがよくないのでしょうか。昔は、夏は日焼けをしたほうが冬に風邪を引きにくいといいましたが、この頃は状況が変わっています。紫外線は、大きく分けて2つあり、皮膚の表面に影響があるもの、深部に影響するものがあります。紫外線を防止することで皮膚の損傷を防ぐことができるのです。紫外線が及ぼす肌への作用は、美しさを気にする女性の多くが意識する美肌を損ねるだけでなく、肌により深刻なダメージを与えます。紫外線の強さは、日本においても深刻化しています。日焼けだけでなく、紫外線を浴びた皮膚に皮膚がんが起きるといったことも指摘されています。白人よりも、肌の黄色い日本人のほうが、紫外線に対する耐性は強いといいます。また、目が黒いために、陽光を受けた時にまぶしく感じにくいようです。ただし、目の日焼けに対するガードが、おろそかになってしまいがちです。日本人は、紫外線によって目を日焼けするなどの理由で白内障を発症する確率が高いですので、自分の目を紫外線からガードすることが大事です。肌の健康のために紫外線を防止することは大切ですが、目の病気になると健康的な生活を犠牲にしてしまう可能性が高くなるので、より注意しなければなりません。最近は、UVカット加工が施されている眼鏡やサングラスも気軽に購入できますので、お出かけの時には目を忘れずにガードすることです。普通に暮らしていく限りは、紫外線をちょっとでも浴びずに日々を送ることはできない相談ですが、できるだけ紫外線防止策を講じましょう。化粧蘭の値段が安い通販